建物探訪 IN 香川県

香川県には有名建築家の作品がたくさん存在しています。

 

存在だけは聞いて知っていた「喫茶 城の目」

1962年に建築家山本忠司に設計された喫茶店です。

インテリアは石彫作家空充秋。

 

ニューヨーク世界博覧会の日本館(前川国男設計)のために試作された石材レリーフがそのまま残っています。

庵治石でできたスピーカーボックスも見ものです。

 

イサムノグチなども訪れたという歴史ある喫茶店。

残念ながら室内は撮影NGということなので、外観だけ。

 

 

 

次に訪れたのは北島アリー。

倉庫をリノベーションした商業施設として有名です。

 

雑貨店、アパレルショップ、カフェ、本屋さんなど楽しめます。

そしてビルをリノベーションした5Fのカフェで少し休憩。

カフェとしてデザインされた建物ではありませんが、そこはもうカフェです。

有名な建築家が言っていました。

「どうやって使うかで空間は役割を持つ」

そこで、コンサートをすればライブハウス。

美術品を飾れば美術館。

机を並べればオフィス。

どれも同じ空間で、使い方をかえるだけで名前が変わる。

 

この北島アリーも昔は倉庫。でも今は商業施設。使い方で役割がかわったってことですね。

 

日吉産業の建てる家もそうありたいと思って建築をしています。

 

ただ箱をつくるだけではなく、そこで暮らす人の暮らしもデザインする。

家族団らんの場、映画を見る空間、勉強をする空間。

大きな家ではなくても使い方によって楽しめる家づくり。

日吉産業の家は家族のライフスタイルを大切にしています。

 

山下

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です